眼瞼下垂を治して若返り!目元で変わる見た目年齢

注射

たるみ取り治療

女の人

メスを使わない治療とは

目の下の皮膚がたるんでいると、顔の印象を一気に老け込ませてしまいます。シミなどとは異なり、目の下のたるみはメイクで隠しきれるような症状ではありません。また、エステを利用しても、満足できるほどの改善効果を得ることは難しいのが実情です。気になる目の下のたるみをスッキリと解消したいのであれば、美容外科クリニックで治療を受けるのが一番です。ただし、美容外科クリニックに行くと顔を切られてしまうからという理由で、受診することを躊躇している人がたくさんいます。確かに、従来は目の下にメスを入れてたるんだ皮膚や余分な脂肪を切除する手術が主流になっていました。しかし、最近ではメスを使わない治療方法が積極的に採用されるようになってきています。具体的には、ヒアルロン酸注入やレーザー治療、切らない脱脂術と呼ばれる方法などがあります。顔に傷跡が残る心配がない上に、ダウンタイムも短くなっているため、多くの人がメスを使わない方法で目の下のたるみ取り治療を受けています。

ヒアルロン酸注入

目の下のたるみを確実に解消するには、たるんだ皮膚や余分な脂肪を取り除いてしまう外科手術を受けるのが一番です。ただし、この手術には目の下がへこんでしまうというリスクがあります。もちろん、必ず目の下がへこんでしまうわけではありませんが、もともと頬の脂肪や筋肉が削げ落ち気味になっている人の場合は、そうなってしまうリスクが高くなっています。そのリスクを回避したいのであれば、逆転の発想をしてみるのがよいです。つまり、たるみそのものを取り除くのではなく、へこんだ部分に適度な膨らみを補ってやることによって、たるみを目立たなくさせるのです。それを簡単に実現させることができるのが、ヒアルロン酸注入による治療です。このヒアルロン酸注入だけを単独で行う方法もあれば、たるみを切除する外科手術と併用する方法もあります。